『うつ病で自殺する医師を救いたい』。うつ状態に陥る医師の新たな生活。

医師の自殺件率は平均の1.87倍

160423-l004

ストレスの高い仕事による精神障害や鬱にかかっても外聞を恐れて治療を受けない人が多く、結果として自殺につながっています。

学歴の高さと鬱病の発症率は相関することが知られており、医師や弁護士、官僚などには鬱病を発症する人が多いと言われています。

医師の自殺の方法を知っている

医療に深く従事している為、人体を熟知し、自殺の方法を容易に見つけられることも自殺の件数が多い理由となっています。

160423-l005

うつ病と自殺には、深い関係がある

米国精神医学会が作成したDSM-5には、うつ病の診断基準の一つとして「死について繰り返し考える」という項目が挙げられています。

自殺の原因が鬱

自殺の原因が健康問題であった人のうち、うつ病は42.1%を占めていたとの報告もあります。

あなたは大丈夫ですか?

うつ病の発症後、まだ危険性が低い段階では、うつ病患者はよく「消えてしまいたい」「ビルから飛び降りれば楽になる」「駅のホームから飛び降りて楽になろう」といった言葉を口にします。これは希死念慮といって、自殺を考えることはあってもすぐに自殺という行動に移る段階ではありません。

医者がうつ病

職場での人間関係や責任の重さなどに耐えかね、「うつ」になる医者は非常に増えています。 医者を取り巻くストレスやうつ病の現状とうつ病を克服するためには、まずストレスのない職場へいくことも大切かもしれません。うつ状態に陥る医師の新たな生活を、今なら未来を変えることが出来るかもしれない。

無料登録で今より好条件の非公開求人なら→エムスリーキャリア

スポンサーリンク