パイロットウオッチの原点が『IWC』にある。パイロットが愛する腕時計は大空と共に

数々の傑作を世に送り出してきた『IWC』

160422-e007

『IWC』はデザインとテクノロジーにおいて時計業界の最先端にありながら、クラシックで永久に残る製品を追い求めている。

『IWC』は1868年の創業以来、スイスのシャフハウゼンで時計作りの高度な技術を誠実に実践してきた名門時計ブランドです。『IWC』は正確にはInternational Watch Company (インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)。リシュモングループに属しています。

※リシュモングループとは、スイスを本拠地とする企業グループ。1988年に南アフリカの実業家ヨハン・ルパートによって創業。『IWC』以外では現在、ダンヒル、ランセル、クロエ、ジェームズ・パーディー、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーペル、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタン、A.ランゲ&ゾーネ、ジャガー・ルクルト、オフィチーネ・パネライ、ボーム&メルシエなどが属するグループ企業です。

『IWC』はスイスの時計マニュファクチュールである。

IWCはスイスの時計マニュファクチュールである。マニュファクチュールとは『自社一貫生産』を意味します。ケース、ガラス、ストラップ、ムーブメントという時計の本体を自社でつくっています。技術革新と創意工夫に情熱を傾け、さまざまな分野で功績が認められている腕時計ブランドです。

過酷な戦場に向かう操縦士

160422-e008

航空機が戦略的に取り入れられ始めた第2次世界大戦ごろ。生死を賭けた男たちは腕時計に最新の技術と実用性、そして耐久性を求めていた。

『IWC』の腕時計の12時位置には三角形のマーカーが入り、ミニッツトラックとアラビア数字を組み合わせたインデックスで視認性を確保。さらに強力な磁気にさらされるコクピットでの使用を考慮し、ムーブメント用インナーケースや文字盤の素材に、耐磁性のある軟鉄を使用しました。優れた性能を誇ったIWCのパイロット・ウォッチは、戦争中はもちろん、戦後も多くのパイロットに愛され続けています。

パイロットたちが愛するIWCパイロット購入はこちら

スポンサーリンク