人間関係が非常に狭い『薬剤師』は、一旦こじれると『精神的』にも『身体的』にもに辛い・しんどい

職場に不満があったり、『耐えるべき』か『退職するべきか』と悩みやストレスを抱えている薬剤師はたくさんいます。

160422-e002

人間関係が悪化

調剤薬局で働く薬剤師の場合、薬局という閉鎖的な空間で働くことになり、人間関係がとても重要です。気の合う人もいれば、気の合わない人もいます。大きな職場であれば、気の合わない人でも少し距離を置くことが可能ですが、調剤薬局では気の合わない人とも常に顔を合わせている状態です。一度人間関係がこじれると、もう最悪です。転職理由でも『人間関係の悪化で辞めた』という人がたくさんいます。

激務過ぎてしんどい

ドラッグストアで働く薬剤師の場合、長時間営業をしている店舗もある為、拘束時間が長い場合があります。また、品出し、レジ打ち、金銭の確認などの『薬剤師以外のしごと』をすることも多く、『薬剤師の専門ではない』という転職理由で辞めた薬剤師もいます。

自分に合った職場選び

誰からも頼られる憧れでもある先輩の薬剤師だって、新人の時代があり、何度も「辞めたい」と思ったはずです。また、新人に限らずベテランでも人間関係や労働条件で悩むことはたくさんあります。『自分のやりたい仕事』があるのではないですか?

無料登録で好条件求人をすぐ見つけるなら→ファーマジョブ


スポンサーリンク