今流行の『マンション投資・経営』は儲かるのか?家賃収入だけじゃない家族に資産として残せる??

マンション投資(マンション経営)とは、マンションの区分所有権(1室)を購入してその部屋に第三者を居住させることにより賃料収入を得る不動産投資の一種。 マンション投資やアパート経営など、今新たな資産運用として注目を浴びています。

160421-d011

不動産所得は他の所得と「損益通算」する事ができる為、正確に計上し赤字になった場合は節税できる

所得税は、所得金額に対して課税されます。所得税は累進課税となっており、所得金額が多ければ多いほど、税率が上がり、納める税金も多くなります。不動産所得は他の所得と「損益通算」する事ができますので、例えば、不動産所得で赤字となった場合、ほかに給与所得などがある場合、合計所得が少なくなり、結果として納める税金が少なくなります。これにより、確定申告をすることで「所得税の還付」を受けることができます。

■アパート経営によって得られた不動産所得は、下記の計算式にて算出することができます。
「不動産所得=家賃収入ー必要諸経費」

※下記を必要経費として計上が可能です。

  • 税金(固定資産税、都市計画税)
  • 損害保険料(火災保険、地震保険)
  • 修繕費(入居者が退去時のクリーニング費用など)
  • 賃貸管理会社管理費
  • 建物の減価償却
  • マンション管理会社管理費
  • 税理士・弁護士などへの報酬
  • その他経費(交通費、ガソリン費用、交際費)
  • 賃貸開始後に支払った借入金の利息(融資)

必要諸経費をきちんと計上することで、家賃収入を上回り所得額が赤字になった場合、節税する事が可能となります。

住民税も節税

所得税が節税できることによって、住民税も節税することができます。

少額の自己資金でマンション経営が可能

160421-d010

マンションを購入される場合、提携ローンが用意されており比較的少ない頭金で物件を購入する事ができます。

大切な家族にマンションを残せます

住宅ローンには、団体信用生命保険がついています。住宅ローンの返済期間中に、ご本人に万が一の事態が起こった場合には、保険金でローンの残債を完済する仕組みとなっていますので、残されたご家族には無借金のマンションが残り、その後の家賃収入を受け取ることが可能です。

投資の新しい形に不安ならまずはこちら→無料相談

スポンサーリンク