つらい、つらい、本当に辛い。そんな医師・医者の仕事を変える。いい病院があります。

医師という職業は、様々な職業の中でも特に『辛い部分』と『やり甲斐』とが同居している職業

160421-d007

最近、本当に辛くなってきた

診察勤務を終えた後も、手術や院内カンファレンス、医療情報担当者との打ち合わせなどのスケジュールが目白押しで、十分に昼食時の休息を取る時間も無い、帰宅時間がいつになるか毎日わからない

辛い労働環境でスキルアップ

160421-d008

『辛い労働環境下でも様々な経験を積むことで、医師として確実にスキルアップはできました。過酷と言える医療現場で働き、数多くの症例を経験したことで得られた多くの専門知識もありました・・・、しかし自分の体をこわしてしまえば医師としては本末転倒だ。』

なりたかった医師をもう一度追いかけてみる

辛い部分もたくさんありますが、医師になって良かったこともあります。あんなにしんどそうにしていた患者さんが、この病院にきてから徐々に元気になった時、お礼を言ってくれた時、医師でよかったと実感した。過酷な労働環境で最近では辛い部分しか見えなくなっていた。あの頃、自分はどんな医師になろうとしていたのだろう。

無料登録ですぐに好条件求人を見つけたいなら→医師転職のエムスリーキャリア

スポンサーリンク