『ブランド香水』週間売り上げランキング。人気はブルガリ・クロエ・シャネル

できる大人は香りを身にまとう

160409-062

自分自身の魅力を高める『香水』。かの有名なココ・シャネルは「香水をつけない女性に未来はない。」とまで言い放ちました。

香水は人を魅力的にする

イイ香りを身にまとえば、魅力はグンとアップします。特に恋愛においては、香りが大きな役割を果たします。

香水の種類

Parfum パルファム エタノール濃度15~30% 持続時間5~12時間
Eau de Parfum オードパルファム エタノール濃度10~15% 持続時間5~12時間
Eau de Toilette オードトワレ エタノール濃度5~10% 持続時間2~5時間
Eau de Cologne オーデコロン エタノール濃度1~5% 持続時間1~2時間

エタノール濃度が濃い香水ほど強く香ります。一般的に多く出回っているのはオードパルファムとオードトワレ。インターネットではオードパルファムは「EDP」、オードトワレは「EDT」と表記されています。

香水のつけ方を間違えれば嫌われ者

香水は人を魅力的にする反面、つけすぎると相手に不快な思いをさせてしまいます。大人の身だしなみは「ほのかに相手に香る」が鉄則です。自分でかすかに香るぐらいがちょうど良く、はっきりと香りを感じ取れるくらいならばつけすぎています。まわりからNGな人と思われないようにしましょう。

香水をフレグランスというのは間違い?

海外では『フレグランス』というのは香り製品全般の事を意味し、その中の香水を英語では「パフューム」と言い、フランス語では「パルファン」といいます。その為、正確にはフレグランスの中の一つがパフューム(香水)となります。しかし日本では香水そのものをフレグランスと呼んでいますが間違いではありません。フレグランスといっても通じます。

洗練されたラグジュアリーで落ち着きのある上品な香りのブルガリ、クロエ、シャネルなどがメンズ、レディース問わず人気です。

売れ筋週間・香水ランキング購入はこちら

スポンサーリンク