『楽天市場/RAKUTEN』ネットショップで過剰在庫削減。売り上げが上がらず借金で倒産・破綻する前に。

昭和の時代に活気で溢れていた商店街がシャッター街になる

「イオンモール」や「ららぽーと」、「アウトレットモール」など巨大ショッピングモールの出現に、地域に根付いていた商店街は次々に閉店へと追い込まれています。
160409-059

小さなお店でもネットショップが開業できる。

ブロードバンドの普及によりインターネット利用者が急速に増加していく中、これまで特別なものであったネットショップでの買い物が、今や日常的なものになっています。誰でもが簡単にインターネットを通してさまざまな商品を日々購入しているのです。一昔前はネットショップを開業しようすとするとページ制作のプログラムなど、ある知識がないと売り上げをつくるのは難しかったですが、今はほとんど知識を必要とせずネットショップを開業することができます。しっかりとした良い商材があれば、お金をなるべく掛けずにネットショップはできるのです。

パソコンの環境さえ整えられればどんな場所でもネットショップは開業できます。

通常、実店舗を構える時、重要な要素となるのが開業する場所です。一昔前であれば人通りの多い商店街がそうです。現在では駅前のターミナルや大型ショッピングセンターがそれにあたります。人通りの多さが売り上げに影響します。しかしネットショップの場合、お店の場所は影響しません。人通りがまったくない田舎でも、誰もお客なんて立ち寄らないマンションの一室であっても開業することが可能なのです。

安易な発想では失敗する。

話は矛盾しているようになりますが、ネットショップを開業するのは簡単です。パソコンさえ購入すればネットショップはできます。しかし、ただ単に「インターネットをしている人が多いから売れるだろう」では失敗します。間違いなく失敗します。今や日本中には多くのネットショップがあり、その中に埋もれて売り上げも上がらず閉店してしまいます。

コンセプトを明確にする

ネットショップを開業するお店で失敗するのが『何でも屋です』。とりあえず、いろいろな商品を並べてただ単に商品点数を増やしていくパターンです。実店舗と根本的に違うのは、実店舗の場合、一度お店の中に入ったお客はどんな商品がおいてあるのだろうと店の中を見て回ります。そして気に入った商品があれば購入するといった感じです。しかし、インターネットの場合、店の中を見て回ってくれる親切なユーザーはほどんどいません。販売商品を見て気に入らなければすぐに違うお店にいってしまいます。つまり入ってきたユーザー(購入意思のある人)にそのまま「買い物かご」へと進んでもらわないといけません。その商品の何が売りなのか、もっと言えば、そのお店の何が売りなのかを一瞬で明確に伝える必要があるのです。ネットショップの中には商品点数10点以内の品数でも月数十万円の売り上げを上げているお店も存在します。

実店舗で売れない商品はネットショップでも売れない

「実店舗で売れないから、ネットショップを開業して、そこで在庫を売ろう」と思っている人がいたら注意が必要です。実店舗で売れない商品はネットショップでも売れないのです。解っているようで解っていない人が多いものなのです。ただ、売れない商品でも『売り方を変える』と売れるようになります。

人は理性でモノを買う

いくら安い商品であっても必要ないと感じればモノを買いません。逆に絶対に今必要と感じれば少々高くてもモノを買うのです。例えば商品の一つに『水』があったとします。水なんで今の時代コンビニに行けばすぐに変えます。わざわざインターネットで500mlの水を注文して配達されるのを待って、ようやく水を飲む、なんて人はいません。ケース買いするならまだしも1本だけをわざわざ注文する人はいません。しかしこの水が生活習慣病の改善になるとなれば話が変わってきます。

天然の水でミネラルがとても豊富です。日本は軟水が多いため、マグネシウム・カルシウムは、普通の水からは、取るのが難しいのです。カルシウムは、骨の原料となる他、血液の流れを正常化したり、高血圧予防、動脈硬化予防、精神安定化などの効果があります。あなたの家族のためにも今すぐ体質改善を!

生活習慣病で悩んでいる人ならば買ってみようかな。となるのです。

ネットショップは楽天が良い理由

160409-058

ネットショップと一言で言っても多種多様あります。買い物かごを格安レンタルしてインターネット上にショップを作る事や、楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなどの大手インターネットショッピングモール(ECサイト)に出店・出品する方法などがあります。

買い物かごをレンタルしてインターネット上にお店を作った場合、そこからさらにお客を集める作業をしていく必要があります。ヤフーなどのスポンサードサーチ広告を利用したり、ネットショップのSEO(ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること)が必要になります。これはある程度の知識が必要になってきます。

その為、まったく知識の無い場合、大手インターネットショッピングモールをお勧めします。開店から販売までコンサルタントが付きアドバイスもしてくれます。一人で開店から販売までするのではなくコンサルタントと一緒にお店作りをしていくのです。

楽天市場の場合、その辺りのコンサルタントに定評があり親身に相談に乗ってくれます。

楽天市場お申込みはこちら

スポンサーリンク