つらい・辞めたい医師にお勧めの医師転職サイト『エムスリーキャリア』。成功を手に入れる。

160407-003

医師のあなたは一生、その病院で働き続けられますか?

医師の場合、一般的な業種と違い求人広告などに募集が掲載されるのはほぼ稀です。

それでも転職している医師は毎年意外と多いのが現状です。

平均すれば一生涯に3~4回くらい転職しているでしょう。

アルバイトなどを含めるともうすこし医師の転職数は増えます。

医師が転職を考えるタイミング

医師の転職、それは「医局を辞める」ということになります。

多いタイミングは、
若い医師の場合、
・入局後3~5年を経て最低限の診療スキルを学ぶ期間を終えた後。
・医学博士を取ったとき。
・学会等によって認定された医師の資格を取得したとき。

ベテランの医師の場合、
・年収に対する不満
・時短や当直やオンコール減を望む
・さらなるキャリアアップを図りたい
・勤務地の変更
・独立・開業

『医局を今すぐ辞める』その焦りは禁物

サラリーマンの場合、上司に辞めたい意思を伝え、さらに上へと繋いでもらうのが一般的です。しかし医師の場合、教授に直接、転職及び辞めたい意思を伝えなければなりません。普段からよく話し合っている教授ならまだ良いですが、あまり話しをしていない教授に打ち明けた場合、自分の意思が上手く伝わらない場合もあるので注意が必要です。

医局からすれば、医局員が多いほうがよく、教授としては医局員に辞められるのは非常に困ります。その為、転職を思いとどまるように説得してきます。それを上手くかわす必要があるのです。悪い雰囲気になり話がもつれると後々自分の立場も悪くなります。また地方においては医局の影響力が非常に大きくなる為、その配慮も大変重要になってきます。

焦りは禁物です。じっくりと時間をかけて良い方向へ動いていけるようにしましょう。

医師が『医局を辞める』ときによく使う理由

1、子供のため、子供の出産、進学
2、結婚、離婚
3、実家の手伝いや親の病院・クリニックの継承準備のため
4、親の介護のため
5、ステップアップをする為に、より自分にあった場所に行きたい
6、体調不良

医師の転職の『成功率』は?

医師全体としては半々といったところでしょうか。
現状から逃げ出したい思いだけで転職した場合、転職後も上手くいかない場合も多いです。
医師が転職をする際は、しっかりと、明確な理由をもって転職に望む必要があります。
転職で失敗しない為には転職のプロに相談するのが転職の成功への近道といえるでしょう。

転職した医師が信頼できたと話すエムスリーキャリア

160407-002
エムスリーキャリア株式会社
医師のための総合的なキャリアサービスを展開しています。
企業名 エムスリーキャリア株式会社
英文表記 M3 Career, Inc.
設立 2009年12月

転職した医師からの評判

■ソニーグループが運営しているから安心して依頼することが出来ました。
■医師転職専任のキャリアアドバイザーが紹介してくれた求人は魅力的なものばかりです。
■公開されていない非公開求人も確認することができました。
■医師専門の転職支援で30年もサポートしてきたノウハウを聞く事ができました。
■業界に精通したコンサルタントの交渉により希望する条件を実現することができました。
■登録にかかる時間はわずかで、気軽に登録して転職について相談できました。
■最小限の負担で最大限の効果を発揮する転職活動ができるから、仕事をしながらでも転職が可能でした。

周りに気づかれずに好条件で医師転職・求人情報なら

スポンサーリンク