『キャットフード』の選び方。ドライフードとウェットフードはどっちがよい?ブランド別で選ぶ。

ペットの人気を二分してきた犬と猫。一昔前はペットといえば犬で、長い間犬の方が人気がありました。しかし小型犬ブームが落ち着き、散歩やしつけの手間から犬を飼う人が減る一方、猫を家庭に迎える人が増えてきているといいます。

160407-016

愛猫の健康を保つためには、猫にあった正しい食事選びが大切です。キャットフードにはドライ・ウェットタイプだけでなく、子猫向けから成猫・高齢猫向け、毛玉ケア用やダイエット用といった問題を抱えた猫に対する餌があります。バリエーションが豊富な猫餌だからこそ、健康状態や好みに合わせてチョイスをしましょう。

1、ドライフードとウェットフードはどちらが良い?

どちらが良いというのは正直はっきりとはありません。
それぞれ使い分けてつかいましょう。

ドライフードのメリット

・日持ちがする
・腹もちが良い
・ウエットに比べコストが安い

ドライフードのデメリット

・水分含有量が少ない
・高カロリーなので、与えすぎると肥満の原因になる

ウエットのメリット

・水分含有量が多く、無理なく水分摂取できる
・消化が良い
・嗜好性が強い

ウエットのデメリット

・コストが高い
・日持ちがしない
・ドライに比べカロリー数が少ない

2、ドライフードの選び方・選ぶ基準

・無添加であるか
・主原料が穀物以外になっているか
・素材そのものを使用しているか
・表示の味と主原料が合っているか
・AAFCOの基準をクリアしているか

ウェットフードの選び方・選ぶ基準

ウェットフードには、「総合栄養食」が多いドライフードとは違い、総合栄養食ではないものも多くあります。「栄養補完食」「一般食」「補助的フード」と呼ばれ、肉や魚などの素材をそのまま詰めるだけのウェットフードも数多くあります。自然界で狩猟をしていた時と同じような食感、食べごたえがあり、猫の嗜好性にうまくマッチしていますし、本来肉食の猫にとっては炭水化物よりも肉や魚など動物性タンパク質がたっぷり入ったウェットフードはとても自然な食事と言えます。猫自身にとってはうれしい主食といえるかもしれません。バランスを考えながらあげましょう。

売れてる美味しい猫が喜ぶキャットフード購入はこちら

スポンサーリンク