5月5日は『こどもの日』。端午の節句には鯉のぼりで健やかな成長と幸福を願う。

5月5日は『こどもの日』です。

160406-022

端午の節句とは、中国から入ってきた文化で、厄払いの行事になります。

その昔、旧暦の5月に病気が流行り亡くなる人がたいへん多かったことと、同じ数字が続く5月5日は悪い意味を持つ日と言うことから、端午の節句には、菖蒲を門にさしたり、菖蒲を漬けたお酒を飲んで厄払いをするようになりました。

日本での菖蒲(しょうぶ)は、武道・軍事を大切にする武士である尚武(しょうぶ)と同じ読み方である事と、菖蒲の葉は先がとがっていて剣に見える事から、男の子が誕生したら飾り付けをして成長を祝う行事になったとされています。

1948年、5月5日は祝日として定められ、端午の節句からこどもの日と言われるようになりました。

鯉のぼりの由来

江戸時代の徳川幕府の時には5月5日は重要な日の一つになり、江戸城で将軍のお祝いをする日とされていました。また、将軍に男の子が生まれると、同日の5月5日に男の子の祝いもするようにもなりました。その時に、のぼりを立ててお祝いをしたのが始まりです。

それが武家の間で広まり、武家も男の子が生まれると、のぼりを立てて子供を祝うようになります。

いつしか時代の変化とともに庶民にも知れ渡る様になり、やがて鯉のぼりへと変化していきました。鯉が滝をのぼり、竜になって天に登った言い伝えから『子供に立派になってほしい』との願いや意味が込められています。

大空を泳ぐ端午の節句には鯉のぼり購入はこちら

スポンサーリンク