山口県を代表する美味しい地酒・日本酒『獺祭(だっさい)』。エヴァンゲリオンのミサトさんの家にもあった。

山口県の岩国市周東町という小さな町から日本全国に発送されている、日本酒ファンの間でかなり話題になっている地酒『獺祭(だっさい)』。

160406-007

カワウソは捕らえた魚を岸に並べる習性があり、その姿はお祭りをしているように見える。それは詩や文をつくる際、多くの参考資料等を広げちらす様子と共通し、「獺祭」とは書物や資料などを散らかしている様子を意味するようになります。
学者、正岡子規は自らを獺祭書屋主人と号しており、日本文学に革命をもたらした正岡子規のように、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そうという志。そして地元の地名「獺越」にも「獺(カワウソ)」の文字があることから「獺祭」という酒名が付けられました。

ちなみに、テレビアニメ「エヴァンゲリオン」のミサトさんの家に置いてあった日本酒も獺祭でした。
160406-008

そんな獺祭のなかでも特に美味しいと人気を獲得しているのが純米大吟醸の”磨き三割九分”と呼ばれる日本酒。堂々の美味しい日本酒人気ランキングで1位を獲得しています。
一般的な純米大吟醸では到達し得ない芳醇な吟醸香、そしてなめらかな飲み口、まだ飲んだことがないのであれば、今、飲む価値がある「日本酒」といえます。

こだわりぬいた伝統の味山口県の地酒 獺祭購入はこちら

スポンサーリンク